闇金は借入限度額が無限だから注意が必要

闇金は、借入限度額が無限だから注意が必要です。消費者金融業者であれば、年収の3分の1までという上限がありますし、そうでなくても上限はあらかじめ定められており、それぞれの人の返済能力に応じて設定されます。しかし、闇金の場合には、そのような限度はなく無限であるため、その人の返済能力を超えてしまうことがあります。というより、むしろ返済能力は無視して融資をします。

すでに闇金を利用せざるを得ない状況にある人は、消費者金融や銀行等からは融資が受けられない人間です。そのため、何とかお金をかき集め返済しようとします。ここを利用していることを知られると困りますし、恐ろしい取り立てがなされることも知っています。したがって、暴利であろうと返済をしようとするのです。

以上のような特徴があるため、闇金融について聞いてみるお金が高いかどうかという観点で闇金を利用することは避けなければなりません。そもそも、闇金業者は金融業者としての登録を行っていない違法な存在ですし、その資金源は反社会勢力です。つまり、こちらを利用することは危険なことに巻き込まれる可能性が高いのです。一般のところで借りて返済が不能になっても、違法な取り立ては絶対に行われませんが、こちらは法律を無視して違法な取り立てをします。

このような結果は利用する人も望んでいないでしょうし、そのことで周囲に迷惑をかけることにもつながりますので、闇金業者は絶対に利用しないのが賢明です。