キャッシングの返済と金利について

キャッシングは一時的にお金を借りた上で指定された期日までに少しずつお金を返済していく事になります。そしてアコムの場合は極度額に応じて一回当たりでの金額が変動し、借入額に対して一定の割合を千円単位になるように端数は切り上げた上で返す必要があります。例えば、極度額が10万円の借入の場合で一定の割合が4.2%であったとすると、計算結果は4,200円となりますが、1千円未満の端数は切り上げとなるので毎回5千円の返す事になります。これはあくまでも最低額なので、余裕がある時にはもっと多く返す事も可能です。

それではアコムの返済期日はどうなっているのかというと、口座振替による自動引落の場合は毎月6日に固定されますが、そうで無い場合は35日毎か毎月指定日のどちらかを選択する事になります。どちらの返済期日の方が良いのかは一概には述べる事は出来ないですが、よく検討した上で自分に合っている方を選択するようにした方が良いです。

金利は4.7%から18.0%の間で決定されます。金利から利息の計算の仕方については一般的なキャッシングの場合と同じであり、金利は実質年率となっていて利息の発生は一日単位となっているので、それに合わせて計算をする事で利息がいくらになるのかを求める事が出来ます。金利は決定されたら自分自身で変える事は出来ないですが、少しでも利息を安くしたいのであれば出来るだけ早目に返して借入残高を減らす事が重要になってきます。